食品添加物を減らしてアレルギー・病気を撃退しよう!

食品添加物でアレルギーや病気が悪化する!不妊にも影響が!!

わたしたちが食べているものにはたくさんの食品添加物がふくまれています。食品添加物とは、本来は食品を長持ちさせるため、食中毒を予防するために食品の安全性を高めるために使われていました。

ところが、最近では安い商品を提供するために原材料にコストをかけない安価で簡単な商品の生産手段として食品添加物が多用されています。 なかには食品添加物だけで作れる商品もあり食べ物本来の栄養価など内に等しいものもあふれています。商品によっては、原材料までさかのぼると100種類にも及ぶ添加物が使用されているくらい、わたしたちの身の回りの商品は添加物であふれているのです。
そして、これらの食品添加物を食べ続けていると、やがて添加物の成分によってはアレルギーや病気を引き起こしたり、不妊を招く危険性もあるのです。

  • コンビニの食事が多い
  • ファーストフードが大好き
  • 出来合いのものばかり食べている

上の項目にあてはまる食生活は添加物まみれの素材ばかりです。

食品添加物には、発がん性があるものが多く、食べ続ければそれだけ「がん」になる可能性も高くなります。 また、食品添加物は食べれば食べるほど、食品添加物の解毒にミネラル・ビタミンを奪われてしまい、体に必要なミネラルやビタミンが不足した状態になってしまいます。

このような状態が続くことで体に必要な栄養素が行き届かず、免疫力が下がり病気になりやすくなってしまうのです

さあ!今すぐ食品添加物を減らすための食事術を実践しましょう!